ニュース&ブログ

「ゴックンテスト」でのど年齢をチェック

高齢者の肺炎の中でも、特に多いのが誤嚥性肺炎です。

誤嚥するようになる大きな理由は、のどの筋力の衰えと唾液の分泌が減ること。そこで、のどの老化度をチェックするための検査が、「ゴックンテスト」です。

「ゴックンテスト」のやり方は簡単。まず、水を一口飲んで口の中を湿らせます。それから、30秒間で何回唾液を飲み込めるか数えましょう。

日経グッデイ抜粋