ニュース&ブログ

むせる。

食べ物がのどを通過するとき、(ゴクリと飲む時舌が上アゴに付く。舌の筋肉から連動し始めます。)喉頭挙上筋群とよばれる筋肉がのど仏を引き上げることによって、気管と食道の分岐点にある喉頭蓋が気管にふたをします。

入ってしまうと、激しくむせたり、咳き込んだりして、入ったものを出そうとします。

この動きで食べ物が気管から肺に入り込むことをふせいでいます。