ニュース&ブログ

スーパー&調剤薬局で 健康フェアがあり無料舌圧測定会、相談会を開いて頂きました。


地元スーパー「エバグリーンさん」が健康フェアを開催しました。広告を出し、骨密度測定等を二階で開業している内科の川嶋先生が。舌圧測定を私が結果を説明しました。大変盛況で200人位の方が測定コーナーにお見えになりました。薬剤師さん達が骨密度測定機や舌圧測定機3台で計測していただき大変助かりました。そして、骨密度のご相談は2階の川嶋先生の所へ行って頂き、1階では、薬剤師さんや栄養士さんが舌圧の仕組み等 大変詳しく丁寧な説明をしながら測定してくれて、スムーズに進行しました。日頃から患者さんに接しておられるので、丁寧で親切な対応に感心いたしました。私と、スタッフが患者さんのご相談役を務めました。

相談された方々の中で、大変心配な一例を ご紹介します。

70代男性で、食事をするとすごくむせて、そのうち声がガラガラになってしまったかたが、奥様と一緒に相談に来られました。あちこちの大病院を受診されて口腔体操をしておられる方ですが一向に良くならず

今も大変むせていて、食べたものが出てくるぐらいひどい状態とのこと。それからしばらくして声がガラガラで あまり大きな声も出せなくなったそうです。声帯まで炎症が及んでいるようで、しゃべっていても大変苦しそうです。

その病院で指導してもらって、パタカラ体操をしているそうですが、私は、非常に飲み込む力が落ちてしまっていると感じました。     そこで患者さんに

舌圧が落ちていることや、飲み込みの仕組みを説明をしたあと、今いかに嚥下に関する筋肉をこれ以上落とさないようにすることが重要か、その方法を説明ししました。そのあと、歯ブラシの仕方について説明すると「ほとんど磨かない」とのこと、これにはびっくりし、これが誤嚥性肺炎の症状であるむせや、食事しにくい原因の1つだなと思い、歯を磨かないと 歯垢がたまり、プロテアーゼやノイラミニダーゼ、トレポネーマなどの酵素や細菌が繁殖し、身体に抵抗力や免疫力がなくなり、病気をなりやすくなることを説明しました。

ご夫婦でお見えになったのですが「ここに来てよかった。良いことを聞いた」と手を合わすように感謝していただき、タン練くんを購入、「毎日、必ずこれで鍛える」と約束し笑顔で帰られました。大変やりがいを感じる時間でした。

「タン練くん」を開発して、一般医療機器に認定してもらうために、厚労省や、薬務課、PMDAにご指導頂き、書類申請し、審査していただき認定されたことが良かったと今更ながら思います。