ニュース&ブログ

一年前に脳出血で倒れ入院 その後、経鼻栄養から胃ろうなったかたから、NHK(おはよう日本)を見て『タン練くん』を是非使いたいと電話かありました。

その方のご主人は82歳で、右半身にマヒが残り、自分では歩けなくて施設で暮らしています。

週2回 リハビリの先生にきていただいて手と足のトレーニングをしています。

経鼻栄養のチューブが鼻から入っているために、気持ち悪くてしょっちゅう 自分で抜いてしまうので、胃ろうにしたそうで、半年経過しています。

最近、あまり食べようとしなくなってきたので、奥様が心配して、電話をかけてこられました。

是非『タン練くん』をほしいと言われるのですが、私は、お役に立つかどうか心配な所がありますと申し上げました。

胃ろうにしているので誤嚥がすすんでいると考えられます。『タン練くん』に飲み物を入れて飲むのは止めて 空気だけを吸うようなトレーニングをすすめました。

これができないとトレーニングになりませんと申し上げた要点は、『赤ちゃんのように舌を使って』吸うことができなければ、お役に立つ事が出来きません、と説明。嚥下の筋肉の連動についてお話ししましたが、是非ほしい、本人が出来なくても少しでも可能性があるなら使いたいと熱心におっしゃるので、了解いたしました。

大変 難しい状態なので、無理なく使って頂いて、お役立てばと願っております。