ニュース&ブログ

初めて、誤嚥により肺に詰まった食べ物を出す手術を受けられたら患者様がお見えになりました。

その方は、お声に張りがあり お元気そうにお話をされるかたでしたが、過去に脳梗塞、心筋梗塞の手術を受けられていて、数ヶ月前には、食べ物が気管に詰まり救急車で病院に運ばれ、すぐ手術となった、大変な病歴をお持ちの方でした。

そのときの手術は、一刻を争う緊急のもので、胸からチューブを入れて、気管に詰まった古い食べ物を吸い出すという、大変なものだったそうです。

ご自分で気管支から肺にかけて溜まっていたものを、見たそうで、それは、茶色いドロドロとしたものが『バット』の中に入っていたそうです。

私は、『素晴らしい先生に出会えたね。命を救ってもらいましたね』と申し上げました。

このような手術を受けられた方のお話を伺うのは初めてでした。今は、ずいぶん楽になったとおっしゃっていましたが、お話の途中、終始 むせておられました。

私は今は飲み込む力を鍛えることが大切です、とお伝えし

私は『タン練くん』の機能や、飲み方の説明をし、舌圧を計り写真を取りました。遠くから来られたので、また機会があれば、『タン練くん』で鍛えて舌圧が上がっているかどうか、計るのでまた、お越しくださいと言って お別れしました。自分のお口で食べられることが、人生を楽しむ基本です。壮絶な人生を送っておられるこの方に、いつまでも、お元気でいてくださいと、祈らずにいられませんでした。