ニュース&ブログ

嚥下障害が体に与える注意点

嚥下障害になると、上手く食べ物が飲み込みにくくなり、そのため途中で疲れてしまい食事をやめてしまう、噛まなくてもよい軟らかい食品ばかり好んだりして、いつのまにか偏食によって栄養失調となることもあるので注意が必要です。

また、汁物やお茶などの水分、水分と固形物が混じった食べ物がむせやすく、(なぜなら、速いスピードで喉を通過するので、嚥下反射のタイミングがずれやすいため)むせるのを避けるため水分を多く含むものを取らなくなると脱水につながるので注意が必要です。