ニュース&ブログ

最後の日まで幸福に生きたいあなたへ

これは、「長生きにこだわらない」という本の著者 東京大学名誉教授 矢作直樹先生のサブタイトルです。

なかで先生は述べておられることを引用致します。

医療の世界でも、しなくていい薬物投与、必要のない外科手術、自然治癒するのにあえていじくり回す治療がたくさんあります。ステージの進んだがん患者への積極的治療など、その最たるものでしょう。

医療関係者の多くは自分が正しいと信じていると思いますが、実は不要な行為で逆に患者を傷つけていることも多々あるでしょう。

あるいは不要だと気づいているけれど、生活のため、しがらみのために、わかっていても続ける医師も大勢います。命に隣接する現場さえ、曖昧模糊とした状態なのです。

以上の矢作先生のお考えは、東京大学の病院で、教授→名誉教授とたくさんの人を救ってこられた生涯の中から生まれた先生のお考えです。

私はこの本を読んで 先生のおっしゃる「世の中の役に立つ」かどうかの判定のいかに難しいか考えさせられました。

健康で前向きに興味のあることに向かって生きる事の大切さを教わりました。