ニュース&ブログ

歯科医院開業されている先生から「柔らかい哺乳瓶のニップルで育ったお子さんで、歯列が内側に傾斜することが多く、歯並びが悪いケースで、タン練くんを使うと一ヶ月で治った。何人も治療している。」とお電話がありました。そのように使用していただいたのは初めてでした。

その先生が治療したお子さんの 術前 術後の写真と 症例を送って頂けるとのことでした。私と同級生の小児歯科教授も、この点についての権威であり、学術論文をいくつも学会で発表しています。

小児の発育期において、柔らかいニップルが及ぼす影響の大きさは、歯並びだけてなく、発育障害や、運動機能に及ぼすようです。

その先生はこれからも、タン練くんを診療に取り入れるそうで、50個の注文を頂き、以後連絡を取り合うことになりました。