ニュース&ブログ

社会福祉法人・哲人会様が訪問してくれました。

この法人様は、昭和39年に「和歌山市心身障害児父母の会」として結成し大変な歴史があります。会員が団結、親亡き後の障害児の行く末を考え、生活を支え、ついには昭和58年に法人化を成し遂げた。社会貢献度の大変高い施設です。現在では、350名のの利用者になり、なくてはならない、困っているひとを支える施設となっております。岩橋秀樹理事長には、頭が下がるばかりです。

高倉施設長や山本様から連絡を頂き、「入居者も高齢化してきて、誤嚥の疑いのある人が出てきている。一度 予防や訓練、リハビリについて話を聞きたい。」と4名の皆様でお見えになりました。

会議室にて、日頃の課題をお聞きしました。そして、パワーポイントを使ってのプレゼン、随時 質問を交換しました。テーマは、誤嚥とは、舌圧とは、食形態、口腔嚥下訓練器具「タン練くん」の使用上の注意。症状のとりかた、口頭蓋付近、唾液腺のマッサージの仕方、舌圧測定の実習をお互いにしていただくなど、二時間に及ぶ有意義な勉強会になりました。