ニュース&ブログ

私が開設した特別老人ホーム「岩出憩い園」での嚥下体操。

今回は、デイサービスでの、嚥下体操をご紹介します。

あいうべや パタカラ体操を行ってから、のちに口腔嚥下機能訓練具「タン練くん」の吸い口だけを 外して使います。

利用者さまのお名前を書いた吸い口を、キチンと消毒し、水洗いし、滅菌乾燥機にかけて使います。

シリコンゴム製の吸口に書かれている⬆️を上にして、利用者にくわえて頂きます。両手で持つと安定して吸いやすくなります。

吸い口だけですから水は出ませんし、飲むことも出来ませんが、上顎向けて舌を一、二、三と三回吸い口を押さえつけて、あと唾液を一回「ゴクン」と飲み込みます。これを10回繰り返します。

最初は舌が疲れて出来ないと思いますが続けていくと一週間位で出来るようになります。10回を3クール行うとかなりの運動量になり、嚥下による連動する約15種類の筋肉が鍛え上げられます。

一度弱って症状が出てしまっている方はもちろんですが、まだ症状が出ていない方にもしっかり使ってほしいと思います。