ニュース&ブログ

私の特養「岩出憩い園」のお近くに住まわれているMS様が、奥様に「嚥下予防トレーニングボトル」タン練くんを使いたいと来られました。

奥様が95歳で 認知症を患い むせ込みもひどくなってきたとのことでした。偶然、近くの薬局で私と誤嚥予防トレーニングボトル「タン練くん」の載った和歌山新報を見たとおっしゃって来てくださいました。奥様は膝が悪く主食より果物やせんべいがお好きで 少しぽっちゃりされているそうで、家では手すりにつかまり少し歩いているそうです。ここ一年ぐらい前からむせ込むようになってきたとのことでした。私からはこれ以上むせ込みがひどくなると経管栄養をしなければいけなくなる。入院しなければいけなくなる。少しずつ「タン練くん」を使って舌圧を上げていきましょうと申し上げ、使い方のコツをご説明しました。ご主人ひとりで 認知症の奥様を介護して、大変疲れきっておられるようにお見受けしました。口の中は感覚受容体が多いので、刺激する事で認知症による症状がよくなるとの脳神経科の先生の学説もあり、少しでも誤嚥も、認知症も良くなってほしいと願いました。