ニュース&ブログ

舌が力強く動くことが、健康長寿の秘訣。一生おいしく食べ、楽しく生活したいですね。

「タン練くん」の吸い口に圧力をかけています。それが舌を押し返す力になり、舌を鍛える力に反映します。この吸口の部分に特許権があります。

私たちはおいしいものを食べる事に とても満足し、友達とおしゃべりを楽しみ歌を歌ったり、また、呼吸をすることも生命にかかせません。

喉元の筋肉はとても重要な働きをしていますが、お年寄りの首はあごのあたりがやせて しわしわになって 首の筋肉が衰えてしまっています。

立ったり座ったりがつらくなったり 転びやすくなったりすれば、少し運動をしたり、皆さんすぐに鍛えないといけないと気がつきます。

それに対して、食べる方の喉周りの筋肉が衰えてきても なにも気付かないかたがとても多いのです。

口の機能はとても重要です。口に何らかの問題を抱え出すと、「一気に活力を失います」

口腔機能低下症から、接触嚥下障害、誤嚥性肺炎になってしまわないように、有効な嚥下トレーニング機器を使って嚥下能力を引き戻しましょう。

食べる能力、口の終いを考える時期が早すぎます。

赤ちゃんが飲む力は、鍛えられつつ栄養補給しています。舌をさかんに動かして連動する嚥下関連筋を成長、鍛えています。大人用吸い口を使って水分摂取することが 舌のタン練になっているのです。

写真にある金属棒で、吸口をおしていますが、人はゴクンと飲むときに 必ず舌が上顎につくという人間の本来持つ嚥下反射のスタートの舌を鍛えて、連動する嚥下関連筋肉を鍛えます。(一般医療機器)