ニュース&ブログ

舌トレーニングでフェイスラインすっきり

舌の正しい位置とは、舌の先端が上顎の前歯の裏に貼り付くようになっている位置を言います。それ以外の場所にある場合は残念ながら、舌の位置が正しくないということになります。現代人は、食生活などの影響から舌の位置が正しい位置にない人の方が圧倒的に多いのだそうです。つまりほとんどの人が、下あごの前歯の裏に舌の先端がついていると思います。それは、舌の筋肉が弱っていることが原因なのです。そして、舌が正しい位置にないと、顔が大きく見えます。

舌の筋肉が弱っているということは、その付近の筋肉も弱っています。したがって舌が正しい位置にない人は、口元の筋肉が衰えているという状態なのです。

口元の筋肉が弱ってしまうと、顔の筋肉全体のバランスが崩れ、フェイスラインが歪んだり、二重顎やたるみにつながったりする原因になります。これを改善するためには、舌を正しい位置に戻す舌の筋力トレーニングが必要です。

Ha・no・ne毎日キレイ歯の本音メディア 抜粋