ニュース&ブログ

誤嚥性肺炎患者の半数以上が1年の時点でなくなっていた。

“日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌掲載の”

誤嚥性肺炎患者の中長期的生命予後と予後因子の中で、誤嚥性肺炎109例中、年齢中央値86才で、調査の1年間において、死亡例67例、生存42例、生存期間中央値254日、6ヶ月生存率54.8%、1年生存率41.8%であった。

パーキンソン病があると生命予後が悪い。(結論)として、タイトルにあるように 誤嚥性肺炎患者の半数以上が1年の時点で死亡していた。

このことから、いかに誤嚥の症状が出る前に嚥下力を鍛えることが重要であるかがわかる。