ニュース&ブログ

障害者施設での「タン練くん舌圧測定結果の一例」

9月22日、障害者施設の方3名がおみえになり、去年11月から、今年の7月まで舌圧計での測定結果を報告して頂きました。

タン練くんに200ml(大容量タイプ)のお茶やコーヒーを入れて飲んでもらいました。

A氏75歳男性

飲む時間 平均全部飲むのに3~5分

舌圧測定結果

11/6     16kPa(キロパスカル)

1/5       15.6kPa

2/8       23.0kPa

6/1       33,6kPa

7/29     34,7kPa

このように大変むせやすい10キロパスカル台から、時々むせる20キロパスカル台、そして嚥下力が強くなって むせなくなって健常者の領域の30キロパスカル台まで、回復しております。

術者の感想として、

200mlを全部飲むスピードか大変早く、グイグイ飲むけれども 早過ぎて問題はないかと心配してしまうぐらいである。

(早く飲んでものみながらむせていなければ大丈夫。

次回は20名での実証実験でデータを取りますとのこと。引き続き舌圧測定器をお貸しいたしました。