ニュース&ブログ

食事中ムセてませんか?のどの筋肉を鍛えるために「タン練くん」を使いましょう。ボトルに水分を入れて飲むだけで、嚥下機能のトレーニングになります。

食事中ムセている方が とても増えています。誤嚥性肺炎が増えているので、当然のことと言えます。

ムセ始めたら、気づく事が、とても大事になります。誤嚥性肺炎に向かって一直線に向かっているのに、放置している方がとても多いのです。

先にどんな状態になっていくのか想像する力がとても必要です。

筋肉の老化は、足腰だけでなく飲み込む筋肉にも同じように起こります。

足腰は毎日歩いて対策している方はおおいのですが、飲み込むことは、栄養補給につながり、生命維持そのものです。それなのに、この衰えに対する対策に気づいていないかたがとても多いのです。

また、口は人間の生きる喜び全てにかかわっています。とても大切な機能です。

食べる楽しみは最後まで残る人間の楽しみです。それを失ってしまったら…

口腔嚥下機能訓練は、日々のトレーニングですから、続け安さが重要です。

重要なことは、舌がウェイトトレーニングをしているように負荷をかけないといけません。さらに、ゴックンと飲み込む事で、嚥下する時に動く約14種類の筋肉の連動が起こらなければなりません。

その複雑な筋肉の連動を、赤ちゃんのミルクを飲むときの連動を発想の核として、特許を取り、一般医療機器取得して製造したのが「タン練くん」です。中に美味しい飲み物を入れて飲むことも可能です。

飲むことがトレーニングになっています。

テレビ見ながら「タン練くん」で好きな飲み物をを飲み、命を長らえる道具としてお使い下さい。