ニュース&ブログ

高齢者の誤嚥性肺炎

症状

高齢者では肺炎としての症状、すなわち発熱、咳、痰といった肺炎の典型的なな症状に乏しく、なんとなく元気がない、食欲がない、傾眠などといった症状で発症することが多いのが特徴です。

食事摂取との関係やむせこみなどの症状がなく、睡眠中など知らないうちに気管や肺へ唾液が流れ込みいつの間にか誤嚥を繰り返している不顕性誤嚥も、高齢者に特徴的です。