ニュース&ブログ

NHK和歌山放送局 絹川様に「誤嚥予防トレーニングボトル」について取材していただきました

誤嚥リスクに向き合うための大切さや、舌圧計測する事で、現在どれくらいまで誤嚥が進んでいるかをはっきりと自覚する事が、大切であると説明いたしました。 経菅栄養はずっとベッドにつながれることになる。そうなる前に誤嚥予防トレーニングボトル「タン練くん」で飲み込む筋肉の筋トレをしましょうと申し上げました。