ニュース&ブログ

“誤嚥が起きるタイミングは3つ”

誤嚥は飲み込む瞬間だけに起こるとは限りません。

1. 嚥下前に誤嚥がおきる。

食べ物を噛んでいるときに起こります。

食べ物や飲み物を飲み込む動きが始まる前にだらだらと気道に食べ物飲み物が流れ込んでしまうことで起こります。

2. 嚥下中に誤嚥がおきる。

食べ物を飲み込もうとするときに、うまく気道をふさぐことが出来ず、食べ物飲み物が気道に入りこむことで、起こります。

3. 嚥下後に誤嚥がおきる。

のどに残った食べ物が気道に入ってしまうと起こります。

さらに、寝ているときの誤嚥のリスクもあります。

寝ているときに、唾液が気管に流れてきて、気がつかないうちに誤嚥をしているケースもあります。

このような誤嚥を繰り返し、肺に細菌が入り込んでしまうと誤嚥性肺炎のリスクが高くなります。