ニュース&ブログ

誤嚥性肺炎の予防には、嚥下機能を維持するために必要な「舌/嚥下力」のトレーニングが大事!「タン練くん」で舌の力を鍛えて自分の口で食べる幸せを。

嚥下機能で重要な役割を果たしている「舌」の筋力は「喉頭蓋」につながっており、食べ物を飲み込む際に気管に食べ物が入り込まないように喉頭蓋が気管にふたをする仕組みが備わっています。

歳を重ねると舌の筋肉が弱っていくため、喉頭蓋の働きも弱まり、気管にしっかりフタをすることができず、食べ物が気管に入り込む誤嚥が起こり、誤嚥性肺炎を発症するリスクが高まります。「むせる」「咳がでる」「口が渇く」と思ったら早めに誤嚥性肺炎の予防をしましょう。

誤嚥性肺炎を予防するには嚥下機能の維持-舌の筋肉を鍛えることが大切です。

その考えをもとに開発したのが嚥下訓練・トレーニング用具「タン練くん」です。毎日1回タン練くんで飲料を摂取すれば、舌圧力の向上に役立ちます。