喉の老化は40代から始まる!?トレーニング器具タン練くんで予防しよう!

年齢を重ねると飲み込む力が低下しますが、高齢者に発症するもので、若いうちは関係ないと考えている方も多いのではないでしょうか?実は、喉の老化は早い人で40代から始まっており、年齢を重ねるごとに喉の筋力はどんどん衰えてしまうのです。

高齢者だけではない嚥下障害~喉の老化は40代から~

高齢者だけではない嚥下障害~喉の老化は40代から~

食事の際によくむせる、声がかすれる、薬が飲みこみにくくなった…などの自覚はありませんか?30代や40代で思い当たる人も多いはずですが、これらは喉の老化が始まっているサインかもしれません。高齢になると嚥下機能が低下しますが、喉の筋力は40代から少しずつ衰え始めるのです。

最近では柔らかい食べ物が増えた影響もあり、高齢者だけではなく若い人でも嚥下機能が低下し、喉の違和感を訴える人が増えているようです。そのような症状が進むと、食べ物を飲み込む力や異物を吐き出す力が弱くなり、やがて嚥下障害に陥ってしまうかもしれません。

食事中に飲み込むという当たり前の動作を、若いうちから意識する人はほとんどいないでしょう。そのため、飲み込む力が低下していることに気づきにくく、はっきりと飲み込みづらさを自覚したときには、嚥下障害がかなり進行していることも少なくありません。

現実には、多くの方が嚥下機能の低下により、自力で食事ができなくなっています。喉が老化すると、命にもかかわる「誤嚥性肺炎」を引き起こしやすくなりますので、決して侮れるものではありません。

嚥下機能は男性のほうが低下しやすい?

嚥下機能は男性のほうが低下しやすい?

誤嚥性肺炎の患者を男女比で見ると、男性のほうが多いことから、飲み込む力は男性のほうが弱くなりやすいとされています。その理由については諸説ありますが、一般に女性よりも男性のほうが、喉仏が大きいことが関係していると考えられます。

喉の筋力を示す喉仏の位置は、もともと女性のほうが高めです。しかし加齢と共に喉を支える筋力が低下してくると、喉仏は男性のほうが大きい分、顕著に下がってきます。

また、一般に男性よりも女性のほうが話し好きで、普段から喉の筋肉が使われ鍛えられていることも理由ではないか、という考え方もあります。会話をすると喉の筋肉が使われるため、自然と飲み込む力も鍛えられ、誤嚥しにくくなるということです。

食事は一生続けるものですから、食べ物を飲み込む機能は決して衰えさせてはいけません。まだ若いから大丈夫と思わず、喉を意識的に鍛えることで、将来起こりうる嚥下障害や誤嚥性肺炎を予防しましょう。

喉の力を毎日鍛えるなら嚥下力トレーニング器具『タン練くん』

ReHEARTTEK(リハートテック)では、いつまでもご自分の口で食事ができるよう予防的なトレーニングを広めたいという思いから、日常で手軽にできる嚥下力トレーニング器具『タン練くん』を開発しました。

飲むだけで舌・口輪筋・嚥下に関連する筋肉が鍛えられます。最初は何も入れずに吸うトレーニングから始め、慣れてきたらお茶やジュースなどの飲料を入れて飲んでください。器具は少量タイプと大容量タイプをご用意しています。高齢者様のいるご家庭、老人ホーム等の介護施設でもぜひご活用ください。

嚥下のトレーニングならお任せ!『タン練くん』

会社名 株式会社リハートテック(ReHEARTTEK)
住所 〒649-6264 和歌山県和歌山市新庄490
TEL 073-460-9805
FAX 073-460-3242
電話受付 平日9:00-12:00/13:30-16:00
Mail info@rehearttek.com
設立 2017年11月
代表取締役 笠原 佳代
事業内容 嚥下力トレーニングボトル「タン錬くん」を主とした開発・製造・販売
ショップ https://shop.rehearttek.com/
URL https://rehearttek.com/