誤嚥はなぜ起こる?誤嚥の原因とリスクをご紹介

誤嚥とは、食べ物や飲み物を飲み込む「嚥下」の際に、誤って気管に入ってしまうことを指します。誤嚥はむせたり咳き込んだりと苦しい思いをするほか、命にも関わるリスクがありますので、日頃からの訓練が大切です。

今回は誤嚥が起こる理由とそのリスクについてご紹介します。

誤嚥はなぜ起こる?

誤嚥はなぜ起こる?

食べ物を飲み込むときには、舌の筋肉と連動して喉頭蓋が自然と気管にフタをします。この働きによって食べ物は気管に入らず、胃に送り届けられます。

しかし、以下のような理由により、「誤嚥」が起こることがあります。

器質的原因

口から胃までの器官に問題があり、途中で食べ物の通過が妨げられ、気管に入り込んでしまうと誤嚥につながります。特に口内炎や腫瘍、炎症などは誤嚥の原因となる可能性があります。

機能的原因

器官の構造には問題がない場合でも、その器官を動かす筋肉や神経の働きが弱くなることで、誤嚥につながることがあります。特に高齢になると舌の筋力が低下し、それに伴って喉頭蓋の機能も低下します。その結果、食べ物が気管に入り込む危険性が高まります。また、脳梗塞や小児麻痺、パーキンソン病などにより、嚥下機能が障害されていることもあります。

誤嚥のリスクとは?

誤嚥のリスクとは?

窒息

誤嚥によって窒息のリスクがあります。窒息は命の危機につながるため、十分な注意が必要です。特に高齢者では、餅や肉などをうまく噛み切れないまま飲み込み、気管に詰まらせてしまうことがあります。

肺炎

細菌の付着した食べ物や唾液が気管に入り込み、肺の中で炎症を引き起こすことがあります。これを「誤嚥性肺炎」と呼び、発熱や激しい咳、息苦しさなどの症状を引き起こします。また、熱が下がったとしても肺の中に菌や入った食べ物が残っている事で誤嚥性肺炎を繰り返す恐れがあります。

高齢者の場合、睡眠中に口の中の細菌を誤嚥したり、食後や睡眠中に胃からの逆流物を誤嚥したりすることで誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります。そのため、食事の場面以外にも注意が必要です。また、誤嚥性肺炎は直接の死因となるだけでなく、肺炎が治ったとしても体力や筋力が低下してしまい、寝たきりのきっかけとなることもあります。オーラルフレイルと言われる口腔機能や嚥下機能が低下する時期に入る前に嚥下に関連する筋力を高めるトレーニングを行うことをおすすめします。

誤嚥防止対策ならReHEARTTEK(リハートテック)にお任せください。ReHEARTTEK(リハートテック)では嚥下力トレーニングボトル『タン練くん』で、嚥下に関連する筋力を高め、誤嚥リスクを低減させます。高齢の方でも使いやすい形状で、普段の食事で無理なくトレーニングを続けることができます。誤嚥防止をお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

誤嚥防止対策ならReHEARTTEK(リハートテック)の『タン練くん』

会社名 株式会社リハートテック(ReHEARTTEK)
住所 〒649-6264 和歌山県和歌山市新庄490
TEL 073-460-9805
FAX 073-460-3242
電話受付 平日9:00-12:00/13:30-16:00
Mail info@rehearttek.com
設立 2017年11月
代表取締役 笠原 佳代
事業内容 嚥下力トレーニングボトル「タン錬くん」を主とした開発・製造・販売
ショップ https://shop.rehearttek.com/
URL https://rehearttek.com/